即参上君の独り言

  

  酒粕とろろ汁         夕日

 

戴いた酒粕でとろろ汁。。。残り物のなめこも入れました(見た目悪すぎですね)

酒粕を水とめんつゆで溶いて、とろろを入れるだけ。

最初は、このまま飲んでましたが 

パッとひらめいて「そば」を入れたら美味しいかも、、、 

うーん、これはイケる。。。とろろが「そば」に絡んで美味〜。  

大好きな酒粕の香りと味も最高〜。

「夕日」真っ赤でまん丸・・・綺麗でした。

 

今日は、2月22日で二ャンニャンニャンと「猫の日」

そして、フーフーフーで「おでんの日」だそうです。

それでか、テレビ番組欄には「猫」の話題がズラリと書いてありました。

家の廻りにも いつも猫がにウロウロしてます。

追い払うしぐさをしても逃げるでもなく「おめさんナニしてん?」

みたいな顔で悠々と歩いてます。

 

 

 


即参上君の独り言

    鍋

 

ネギ、豆腐、豚肉だけで、シャブシャブみたいにするつもりだったんですが

いつもの癖で、あれこれ野菜を入れてしまいました。

だから、量が増えて2日も食べるはめになるんですよね。

 

1歳下の美魔女「ひざが悪いから、毎日アボガドを食べる事にしたんだょ。

しばらく続けようと思ってる」と

テレビで見たらしく。。。

私は「続かないからだダメだな。アボガドひざに塗るか?」と冗談言って笑わせてました。

悪い時は、何でも試したくなるのは当たり前です。

早く良くなるといいね。

 

明日の予報は、晴れ曇りです。

天気が良いと、お年寄りが自転車に乗ってるのを見かけます。

狭い道の真ん中をヨロヨロ。   左右を見ないで急に横断。 

危ないと思うこともよくあります。

気をつけて車の運転しないとです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


即参上君の独り言

  芋シチュー

 

「里芋」消費に作ってみました。

トロッとして意外に美味しかったです。

さつま芋も入れましたが、甘くてこれまた美味〜。

あとは、鶏ささ身、玉ねぎ、にんじん、ブロッコリーとあるもので。

 

ジャイアント馬場が、亡くなって20年。

19日に両国国技館で追善興行が開かれたそうで。

アントニオ猪木、ブッチャー、スタン・ハンセン、テリーファンク

等の名選手が登場したんだそうです。

テリーファンク、ドリーファンク兄弟は華麗なプロレスで好きでしたねぇ。

いいなぁ・・・私も、国技館で見たかった〜*

 

今日は、2ヶ月ぶりに美容院へ行ってリフレッシュしてきました。

いつもは、旦那さんに 行ってくるよ。。。と伝えるんですが

今日は、言わなかったので 帰ってきてから気がつくかどうか? 

この歳して、いっまさらーですがね。

どうかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


即参上君の独り言

 ワンプレートランチ

 

またまた「最強〜、最強〜」...大好物のあんトースト。

チーズもオンでカロリー最強。

私は「あん粉」無しで目玉焼きをのっけて。

 

「逆流性食道炎でさぁ、しかも前から慢性胃炎とびらん。旦那さんも。

私、意外にデリケートなんて」と友人に話したら大笑いされ。

「もち、あんこ、ごぼう、焼きそば、生クリーム、ケーキ、チョコ、プリン

ドーナツ、カレーパン、ラーメン、ソーセージ、コーヒー、酢の物、ベーコン

緑茶、炭酸、ココア 等々。。。が良くないんだよ」と。

特に、禁酒は重要らしく。

逆流性が判明する前日には「あんこ餅」。前々日には「お汁粉」を。。。

いくら好きでも、こんなに「あん粉」攻めにあったら、糖尿になりますね。

なのに、反省するでもなく 旦那さんには「あんトースト」を。  悪妻かぁー。

お酒も、コーヒーも飲んでるし しかも大食・・・

これから少し 口やかましく言わないとですね。

皆さんも、気をつけて下さいね。

 

予報通り、午後から雨でしたねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


即参上君の独り言

     

   もつ煮込み                     ブロッコリーサラダ

 

鍋いっぱいに煮た「もつ煮込み」。

汁を多めにして「もつ煮込み汁」にしようかと思いましたが、今回は普通に。

「もつ」が柔らくて美味しいです。

ワンパターンの「ブロッコリーサラダ」。  ゆで卵いっぱいだと美味しいです。

 

友人達、何を話してるのかと思ったら夕べのテレビ「つぶれない店」というのに

業務スーパーチャレンジャーが出ていたという話。

「牛乳パック羊かん」が紹介されていて、それがスゴーく美味しいんだそうで。

「絶対食べてみて、ほんとに美味しいから。ゼリーもあるよ。杏仁豆腐も美味しいし」と力説。

その友人「昨日、シュークリームが美味しい新潟のシャトレーゼ行ってきたんょ」と。

そうそう、パン屋の話も。。。

いつも、ふくよかなお腹を気にして「なんで痩せないんだろう?」って

言ってなかったっけ。でも、食べれることは、良いコトですよね。

 

天気が良いと雪山が綺麗ですねぇ。

明日は、10℃近くにもなるそうです。

 

 

 


即参上君の独り言

  かきのお好み焼き

 

いつものお好み焼きに、旬の「かき」をいれてみました。

これが大人気で「最強〜〜〜*最強〜〜」と何度も。

まるで子供でしたゎ。

「かき」は美味しかったです。

 

「みかん」を見たら、少し腐りかけていて。

もったいないので、悪い所だけ取って食べることに。

私「まずっ、やっぱり変な味する」  旦那さん「オレ、その味わりと好きだょ」なんて

私「はぁ〜、変わってるんね。ほんに変な人だわ」

旦那さん「うん、オレ変わってるっけ お目さんこと好きなったんだゎ・・・」と言うより早く

大大爆笑。  自分で言って自分でウケて。  涙流して笑ってるんですよ。

一緒に笑ってたけど、、、それってどゆこと???

まぁ、深く考えないことにしますか。

 

 

 

 

 

 

 


即参上君の独り言

  

   小松菜炒め         トマトスープ?

 

小松菜、もやし、舞茸、えびと玉ねぎのあづま揚げを入れて。

わりとこのあづま揚げ好きです。  安売りしてたので。

残っていた「おから」をスープに入れたら、なんだか分からないような

不味そうなスープになってしまいました。

 

娘さん家族と同居している知人に「孫ちゃんが3人いて、ご飯大変だね?

食べ物違うでしょ?別にから揚げしたりとかさぁ」と聞いた友人。

「特別には作らないよ。皆と同じのを出す」

「え〜、煮菜とか切干煮でも?」  「うん、食べるよ、特別は無い」と

子供は、煮ものとか食べないから別に作らないと。。。と嘆いてるのを聞くので

「よく躾けたね・・・」と感心しきりでした。

そういうのって大事ですね。

 

旦那さんが帰ってきたので「1週間お疲れさまでした」と声をかけたら

「いやいや、こちらこそお世話になりました」との言葉が返ってきて

二人で笑ってましたゎ。

 

皆様も、1週間お疲れさまでした***

 

 

 


即参上君の独り言

  

 サバ缶とキャベツ和え   かきとホウレン草のシチュー

 

今、サバ缶が超人気で品薄や値段が高かったりで困りますよね。

以前は、常備していて何もない時 食べてましたが。

 

キャベツをチンして、薄揚げをさっと焼いてサバ缶と和えました。

味は、ポン酢で。

「かき」が値引きになっていたので、ほうれん草を入れて

シチューにしてみました。

 

「今日は、年金の日だね」と、あちらこちらで年金話の先輩方。

まだ若そうな知人に「年金まで、10年もあるでしょ」と言ったら

「あなたと同じくらいの歳だょ」と

えっ、私の歳 知らないでしょ。。。と思い「今年60なるよ」と暴露。

そしたら、その知人 なんと私と同年。

それから、あの人何歳? あの人は?・・・と先輩方は、歳を聞きまくり。

最後には「遠目で見ると若く見えるけど、近くだとそれなりだね」とこっそり辛口。

失礼ですが、爆笑してしまいました。

 

 

 

 


即参上君の独り言

  

   生姜焼き          ニラ玉

 

最近「生姜焼き」に玉ねぎもプラスしてます。

「ニラ玉」の卵は、火を通し過ぎないように。。。

ニラが少し安くなったので。

 

今日は「バレンタイン」

「旦那さんに、毎年あげてるよ」と言う同年代友人。。。私の「あげてないよ」の一言に

「え〜」とスゴク驚かれました。

孫娘も「じーじとばーばと友達に作ってあげたよ。

あーちゃんもいる?」と聞かれ「遠いからねぇ」と答えました。

 

外国では「フラワーバレンタイン」といって

チョコではなく「花」をプレゼントするんだそうです。

これは、2011年から日本でも真似したそうですが

それほど広まってないみたいですよね。

ホワイトデーのお返しも、アジアだけなんだそうですよ。

 

明日は、今年一番の冷え込みだそうです。

温かくして下さいね。

 

 

 

 


即参上君の独り言

   

   のっぺ汁           サバの竜田揚げ

 

ケンミンショ―で「のっぺ汁」が紹介されていたので作ってみました。

「普通の のっぺより好きだゎ」と旦那さん。

貝柱も沢山入れたので、良い味に。。。

サバを揚げ焼にして、大根おろしでさっぱりさせて食べました。

 

新聞で「冷たさに耐え 温かい家庭に」という話題が。

魚沼で家庭円満を願い、新婚の花婿に水を浴びせる奇祭「雪中花水祝い」。

数人の男性陣に水をかけられて、本当に寒そうな写真が載ってました。

17人の花婿が寒さに耐えながら、祝福を受けたそうです。

(意外に花婿さんが多いんですね)

 

この地域に嫁に行ってたとしたなら、自分の婿さんには

絶対 参加させたくないですね。

極寒の中、大変な行事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
sponsored links
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM